がん検診の是非については、絶対に受けたほうが良い検査です。それは、検診の目的が、早期発見と早期治療であることだからです。健康体と思っているからこそ、何もないはずのがんを早くに発見したほうが良いと判断されています。

ですから、がん検診に関しては、自治体の医療サービスとして、負担金を設けて受けるよう指導されています。



病院で治療費として支払って受けるのではなく、自治体主催の検診の提供を受けることで、気軽に検診を受けることができます。



また、マスコミなどでも、その重要性を訴えるなど、より身近な存在になるよう“宣伝”しています。
以前は、高齢者が多かった受診者の年令層も低年齢化しています。


ということは、早くにがん発見も低年齢化しているのも確かですが、現在ガンそのものは早期であれば高い確率で完治する病気になっています。

手術だけではなく、高度な抗がん剤治療によって、若い時にがんを患ったけれど、長生きしているケースが多いです。


がん検診で見つかるがんの種類も多様化している事も確かですが、少しでも早くに見つかることができる事は完治の可能性が圧倒的にたかくなっていると言えるでしょう。

がん検診に関する最新情報です。

少なくとも40歳になったら、検診を受けることをお勧めします。もちろん病気などもなく、働きざかりの方が圧倒的に多いですが、だからこそもしかしたらガンにかかっていると疑ってみることをお勧めします。がんの早期発見は、完治する怖い病気ではないと証明されます。

Copyright (C) 2015 40歳になったらがん検診に行こう All Rights Reserved.